大分県臼杵市・津久見市・佐伯市にある日豊海岸と全国を結ぶWEBマガジン
|魚釣りTOP |仕掛けあれこれ
仕掛けあれこれ
魚釣りの仕掛けは、「魚の数と同じだけ仕掛けがある」と言われるほど、さまざまです。どれをどのように使っていいのか、分からない方も多いはず。そこで、大雑把に仕掛けを並べましたので、やりたい仕掛けが見つかったら、詳しい仕掛け図をチェック。
防波堤での仕掛け
足場もよく誰でも楽しめるのが防波堤での釣り。ただし、防波堤は釣り場ではなく、漁師の仕事場であり、船を係留したり、非難港として造られていることを忘れないで欲しい。駐車場やゴミなどに注意して釣りを楽しみたい。
イカダでの仕掛け
イカダとはガーデニングで用いられるウッドデッキのようなもの。ブイと呼ばれる浮きの上に木で組んだ足場があるため、安定度も高く安全に魚釣りが楽しめる。料金は一人2000〜3000円程度かかり、時間制限などもある。
磯での仕掛け
歩いていけない地磯や海の真ん中にぽっかりと浮かぶ独立礁に瀬渡し船で渡してもらう。そこで楽しむ釣りが磯釣り。周りを海に囲まれているため、狙うポイントも広がるばかりか、魚も豊富。ただし、トイレなどは不便なので、手軽さには欠ける。
海岸での仕掛け
キャンプや海水浴などと一緒に楽しめる魚釣りが海岸での釣り。メインは投げ釣りとなるが、最近ではルアー釣りやエギングなども楽しむ方もいる。夏場の海水浴シーズンは、危険なので控えましょう。
船での仕掛け
ポイントの上に船で行って釣るので、釣れる確率は高い。特に大物狙いの場合なら、船釣りに限る。船酔いする方には向かない釣りであるが、近海なら、家族でも十分楽しめるし、近年はトイレが完備された船もある。
|魚釣りTOP |仕掛けあれこれ