大分県臼杵市・津久見市・佐伯市にある日豊海岸と全国を結ぶWEBマガジン
|魚釣りTOP |魚の種類 |仕掛けあれこれ |胴突き仕掛け
胴突き仕掛け
胴突き仕掛けは、マキエで魚を寄せることができないため、大前提として魚がいる可能性が高い時に行う釣り。メインはメバルやカワハギ狙いで使用することが多く、アジ、サバなどの回遊魚を狙う場合はサビキ釣りとなる。
エサをハリに刺して、魚がいる水深まで仕掛けを落とす。それからゆっくり上下して魚を誘ってやると、アタリが出るはず。ほとんどが仕掛けを落としているときにアタリがあるので、その際には神経を集中させて…。
胴突き仕掛けで釣れる魚
アジ
カワハギ
メバル
ホゴ
※このほかにも沢山の魚が釣れます。季節が変わると、そのたびに違う魚が釣れます。
胴突き仕掛けで必要なもの
竿…できれば竿先がちょっと固めのバスロッドなどが手頃で代用できる。カワハギ専用ロッドがあれば申し分なし。
リール…通常のスピニングリールで十分対応できるが、凝っている人は、両軸リール(イラストを参照)などを使用する。
道糸…できればPEラインの0.8〜1.5号が欲しいが、なければ通常のナイロン道糸の2.5〜3号前後。
胴突き仕掛け…市販のカワハギ釣り仕掛けと書かれたものは、ほとんどこの胴突き仕掛けとなる。ハリは2〜3本付いていて、5〜7号クラスの大きさを選ぼう。
エサ…日本ゴカイ・オキアミの半ボイル、アサリ、活きエビ。
クーラー…小型クーラーで十分
氷…魚を冷やすために必要
その他の胴突き仕掛け
長波止や沖波止などで、釣り歩きながらメバルのアタリを誘う仕掛け。同じ仕掛けでホゴも釣れるが、ホゴは底、メバルは若干上を狙いたい。特にまずめには顕著にその差が現れる。通常付けエサには活きエサを使用するが、代用として沖アミでもOK。
沖波止や長い波止などでこの仕掛けを用意して釣り歩くと、数釣りも期待出来る。モエビなど活きエサが手に入るとなおさら食い込みはいい。下オモリでコツコツと叩きながらゆっくりと釣り歩こう!
|魚釣りTOP |魚の種類 |仕掛けあれこれ |胴突き仕掛け