大分県臼杵市・津久見市・佐伯市にある日豊海岸と全国を結ぶWEBマガジン
|魚釣りTOP |魚の種類 |仕掛けあれこれ |カゴ釣り仕掛け
カゴ釣り仕掛け
カゴ釣り仕掛けとは、より遠くでより深くを泳ぐ魚を釣り上げたいとの狙いから考案された仕掛け。小型〜中型テンビンにマキエを入れ、その下にはエサを刺したハリがあります。テンビンカゴから放出されるマキエの先にちょうどツケエがくる感じで、海の中を漂ってくれるのです。
ただし、遠くへ投げるには慣れも必要ですし、仕掛けが全体的に重めとなりますので、中級者からチャレンジしたい仕掛けです。
カゴ釣り仕掛けで釣れる魚
アジ
カワハギ
ホゴ
メバル
サバ
タイ
ブリ
イサキ
クロ
チヌ
※このほかにも沢山の魚が釣れます。季節が変わると、そのたびに違う魚が釣れます。
カゴ釣り仕掛けで必要なもの
竿…防波堤で狙う場合は、2〜2.5号の竿で十分楽しめる。長さは5m以上欲しい。
リール…道糸の3号が200m以上巻ける通常のスピニングリールで十分対応できる
道糸…通常のナイロン道糸の2.5〜3号前後。
ウキ…ウキから下のテンビン、カゴ、オモリ、仕掛けを浮かせるだけの浮力が必要です。またカゴにはマキエを詰めるので、やはり5号以上のウキは必要となります。
小型テンビン…これも釣具店でいろいろな種類があります。まずは小型のテンビンから使い慣れ、徐々に大きくしてください。
カゴ…カゴはステンレス製でカゴの下の方が目が粗いカゴがお薦めです。よりマキエを多く出すことができます。
ハリス…フロロカーボン系のハリス1.25〜1.75号(狙う魚の大きさによって使い分ける)
ハリ…グレバリの4〜6号でアジやクロ釣り、チヌバリの1.5〜2号でチヌ釣りやタイ釣りが楽しめます。
※ハリスやハリを自分で結べるように練習してください。
クーラー…中型クーラーで十分
氷…魚を冷やすために必要
※左のイラスト多少異なる号数表記がありますが、初心者ベースに書いていることをご了承下さい。また、図にあるアタリウキは通常付けません。
その他のカゴ釣り仕掛け
半遊動仕掛けと同じくタナを決めて狙う場合の仕掛け。波止からカゴ仕掛けで青物を狙っている釣り人は少ないだろう。通常はマダイ釣りの外道として青物がヒットする。ただし、一定のタナをキープするには最適の仕掛けなので、ハマれば数釣り期待。
マダイ釣りの基本中の基本的仕掛け。波止での大型マダイは底狙いが基本。水深がある程度分かれば、タナを決められるこの仕掛けが有利となる。また良く知った釣り場であれば、ナイターで流すと大型マダイの確率もアップする。外道にチヌなど…。
|魚釣りTOP |魚の種類 |仕掛けあれこれ |カゴ釣り仕掛け